【第1章 この人たちと一緒に働きたい!】「想いよ、届け」 〜180日で身につけた諦めない力〜

 「移籍者たちの挑戦」シリーズでは、大企業で働く社員が、「レンタル移籍」を通じて、ベンチャー企業で学び、奮闘し、そして挑戦した日々の出来事をストーリーでお届けします。

 今回の主人公は、日本郵便株式会社から、紙やプラスチックに替わる石灰石で作る新素材LIMEX(ライメックス)を製造・販売している株式会社TBMに移籍した武澤歩沙美さん。武澤さんは2018年4月から移籍を開始し、6ヶ月間の移籍を終えて、2018年10月に帰って来ました。そんな武澤さんのストーリーを全4回でお届けしていきます。

—想像していたのと違った……

武澤歩沙美(たけざわあさみ)は、日本郵便株式会社に入社して今年で6年目を迎える。

現在は改革推進部地方創生室で企画職をしており、各地の支社や郵便局と連携し、更に地域を活性化するというミッションを担っている。

メディアでは日々、地方創生をテーマにしたニュースが飛び交い、様々な企業が地域との提携を積極的に行うなど、その言葉を聞かない日はない。

「日本郵便で地方創生室の企画職」と聞くと、華やかなイメージを持つ人も多い。武澤自身も異動前はそう思っていた。

以前から「地域に関わる仕事がしたい!」と考えていたため、異動が決まった時は夢が叶ったと思った。様々な企画を自治体と実施している自分を想像してワクワクした。

しかし……。
実際に担当することになった仕事は想像していたものとは違っていた。

発足したばかりの地方創生室における武澤の業務は、主に自治体とその地域の郵便局が行う取組みの支援だった。各郵便局が実施する施策の検討に加わることもあったが、メインは施策の進捗管理。

自ら企画を提案したり、自治体と何かを行うような機会は少なかった。

武澤の業務は、自治体と郵便局が施策をスムーズに進めていく上でなくてはならない仕事である。各地域の郵便局の機能を最大限に活用するための重要な役割を担っている。

しかし、もっと直接的に自治体と関われると思っていた武澤は物足りなさを感じていた。

移籍前、日本郵便 改革推進部地方創生室のメンバーとの1枚。
一番左が武澤。

— 私、数学の先生になりたい!

武澤は学生時代、数学の先生になりたかった。
実は、小学生の頃の苦手科目は算数だった。

しかし中学1年の時、ある数学の先生に出会ってから大きく変わる。
当時、数学が苦手なことが恥ずかしくて、できるフリをしていた武澤だったが、その先生はすぐに見抜き、武澤がみんなについてこられるよう、補習をはじめ、丁寧に教えてくれた。その甲斐あって、少しずつできるようになった武澤は、いつの間にか数学が楽しくなっていた。

中学3年生になると、その先生が武澤のクラスの担任になり、勉強全般が楽しいと感じるようになった。その時「先生っていいなぁ……」と、はじめて先生という職業への憧れが生まれた。

そして中学卒業。
実はその先生も、定年が近いということもあって、その年の3月に教員を退職することが決まっていた。

武澤は今でも覚えている。
「私も先生になりたい!」そう伝えた武澤に、その先生は嬉しそうに言った。
「自分の教え子の中で先生になってくれた人いっぱいいるけど、最後のバトンは……あなたに渡すわね」

武澤はしっかりバトンを受け取った。高校でも理数系を選択し、大学も理工学部数学科に進学。教員免許も取得した。

もう先生になる将来しかイメージしていなかった。

そんな大学2年生の3月。
東日本大震災を経験し、あることをきっかけに変化が訪れる———。

—とある郵便局社員との出会い

震災があった時、武澤は関西にいた。

テレビで流れている映像を見て衝撃を受けるも、ここにいては何をすることもできない。被災地である宮城県女川町へ行くことにした。

そこでは、教員免許を持っているということもあって、震災で傷ついた子どもたちの心のケアをすることがボランティア活動のメインだった。

そんなある日、学校の体育館で子どもたちに接していた時のこと。
ひとりの男性がやってきて、郵便の受取人を探していた。

「◯◯さんいますか?」
そう言って次々と配って回っていた。

最初は、彼もボランティアスタッフのひとりだと思い、武澤は話しかけた。

そして、彼はこの地域の郵便局社員であることを知る。
勤務地の郵便局に行ってみたら、営業できる状態ではなかったものの、郵便物が溜まっていたという。「体育館に行ってみたら誰かいるんじゃないか、できることをしたい」そんな想いで配達しているとのこと。そんな彼も被災者のひとりだった。

大変な状況にあるにも関わらず、彼のその行動に武澤はただ敬服するばかりだった。

「こういう仕事、素晴らしいな。こんな社会人になりたい……」
その時はじめて日本郵便への興味が生まれる。

そして決意する。
教員免許は10年間有効だ。就職してみて、やっぱり……ってなったら先生になればいい。そう思い、日本郵便の新卒を受けてみることにした。
もし落ちたら先生になろうと決めていたため、一本だった。

———結果、日本郵便から内定が出て、入社が決まった。

—今度はベンチャーに行ける!

入社して最初の1年は埼玉県のとある郵便局で窓口に立った、郵便配達も行った。

2年目になると、本社の経営企画部へ異動し、各部門との調整を行う業務を担当した。役員の秘書も経験した。

それから今の部署に異動になり、4年が経つ。
業務にはだいぶ慣れた。

「もっと頑張りたい、でもどうやったらいいんだろう……」
物足りなさに加え、そんな想いも抱いていた。

そんな時、社内の別部門で、ローンディールが提供する「レンタル移籍」という、一定期間ベンチャーで働き、戻ってきてその経験を自社で活かす、というプログラムの導入が決まり、対象者を探していた。

武澤はそのことを知らなかったのだが、知っていた直属の上司が、武澤を推薦してくれていた。

というのも武澤は、地方創生室に異動してきた頃、東京海上日動火災保険株式会社の地方創生室に1ヶ月間、出向研修に行くという経験をしていた。
武澤はその経験がとても勉強になったため、「また行きたい!」ということを何度も上司に言っていたのだ。

だから、「うちの部署に行きたい子がいる」と、別部門での募集だったにも関わらず手を挙げてくれたのだった。

そして、見事、武澤の移籍が正式に決まった。期間は半年間。
武澤は心から嬉しかった。

「今度はベンチャーに行ける! ベンチャーだったら、もっと地域と密着した仕事ができるかも」期待が湧き上がる。

—地域より「熱量」?

行き先のベンチャー企業を探すことになり、もともと「地方創生」しか頭になかったため、関連しそうな企業をピックアップした。

しかし、武澤のチャレンジしたいことを聞いたローンディールから、
「この会社はどうですか?」と、石灰石の新素材LIMEX(ライメックス)を製造・販売している株式会社TBMを提案される。

せっかくだから、と自身がピックアップした企業に加え、TBMの面談も受けることにした。

結果、TBMへの移籍を決めた。
理由は、面接をしてれた役員はじめ、社員の人たちが商品を心から愛していたからだった。

「愛情を持って仕事をしている人たちっていいな、この人たちと一緒に働きたい!」
そう思ったのが決め手だった。

地方創生というキーワードばかりに囚われていたが、その商品に地域を巻き込んでいく、という方法で関わる方法もある。

「せっかくだから行ってみたら?」と上司も進めてくれた。

移籍まで2ヶ月。
武澤はLIMEXの勉強をしたり、ベンチャーっぽさを自分に取り入れようと、ベンチャーに関する情報を仕入れたり、本を読んだりして過ごした。

また、レンタル移籍を提供するローンディールは、移籍者たちが集まる場を定期的に開催しており、そこに参加した武澤は、移籍中の先輩からベンチャーの雰囲気や、便利なツールなどを教えてもらったりした。

準備は整った。

あとは4月1日を迎えるだけ。
少しの不安と大きな期待で、武澤は移籍が待ち遠しかった。


第2章「本気で挑むということ」へ続く


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【「&ローンディール」編集部 よりお知らせ】

武澤さんの移籍先、株式会社TBMさんでは一緒に挑戦できるプロジェクトメンバーを各種職種で募集しているそうです! ご興味ある方は是非チェックしてみてください。
https://tb-m.com/recruit/entry/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


↓更新情報はローンディールfacebookページでお知らせします↓

協力:日本郵便株式会社、株式会社TBM
storyteller:小林こず恵
提供:株式会社ローンディール
https://loandeal.jp

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

&ローンディール

「&ローンディール」は、企業間レンタル移籍プラットフォームを提供する株式会社ローンディールの公式WEBマガジンです。大企業で働く社員が「レンタル移籍」を通じてベンチャー企業で学び、奮闘し、そして挑戦した日々の出来事をストーリーでお届けします。http://loandeal.jp

移籍者たちの挑戦vol.7「想いよ、届け」

「移籍者たちの挑戦」シリーズでは、大企業で働く社員が、「レンタル移籍」を通じて、ベンチャー企業で学び、奮闘し、そして挑戦した日々の出来事をストーリーでお届けします。  今回の主人公は、日本郵便株式会社から、紙やプラスチックに替わる石灰石で作る新素材LIMEX(ライメックス...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。