新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「手を挙げてみる。たったそれだけで世界は変わる」 オリンパス 澤田亮太さん -後編-

ビジネススピードや業務体制の違いに面食らいながらも、フューチャースタンダードでの業務に対応する澤田さん。せっかくだからという動機の下で「やります!」と手を挙げるうち、コミュニケーションの不安が解消され、仕事に対する新たな心構えが養われていくことに。そして10カ月のレンタル移籍を経て、最終的に獲得したものとは。オリンパスに戻ってからのお話も含めた、後編です。
前編はこちら


仕事への姿勢やスタンスが変化した

─10カ月を振り返ってみて、どのようなことを学べたと感じていますか?

 自発的な行動や責任感の重要性を強く再認識しました。14年もやっていると仕事に慣れ、良くも悪くもルーティンのようになってしまっていたのですが、「私の仕事だから私の責任でやるぞ!」というような情熱を取り戻した感があります。

─その情熱があることで、仕事にどのような影響が現れると思われますか?

 情熱がないと、きっと適当さが顔をのぞかせてくるんです。「リスケ可能なら少々遅れてもしかたない」「言われたのはここまでだから、これ以上クオリティを追求する必要はない」という、事なかれ主義のような。でも、お客様が悩んでいることを正面から捉え、「俺が作るんだ」と情熱をもって当たることができれば、理想に限りなく近い答えを提供できるようになるはず。顧客にとっても当方にとってもプラスになると思うんです。

─その通りですね。

 また、フューチャースタンダードではコンサル業務を学び、提案力を磨くことができました。オリンパスでは直接顧客とやりとりする機会はないのですが、顧客が発表したレポートや論文を読み込んで現場の課題を汲み取り、新しい技術や検査方法を上司に提案してみたいと思っています。

─これまでやられてこなかった取り組みなのですね。

 はい。レンタル移籍を経て、そういう仕事の姿勢やスタンスのところで成長できたと感じています。

画像1

画像2

後ろ盾があることに甘えてはいけない

─10カ月という期間はいかがでしたか?

 あっという間でした。次!次!と仕事のスパンがものすごく短かったですから。新しい経験を得て咀嚼している最中に、すぐに次が入ってきて……という感じで。

─一番楽しかったことは?

 最後に手掛けた案件は、特に大きなやりがいを感じました。「SCORER(スコアラー)」のリアルタイム映像自動解析を使って観光客の動向を探ろうというもので、お客様と直接お話しして「こういうのはどうですか?」と提案、検証を進めてからの資料作成、パッケージの納品と、ほぼすべてを一気通貫して担当できたんです。最後の運用だけは移籍終了後になってしまったのと、コロナによって観光業自体が大ダメージを受けてしまったのは残念でしたが、まるっと担当できたことは自信になりましたし、楽しかったですね。

─初めてベンチャー企業に飛び込まれたわけですが、移籍を終えた今、大企業の優位性や懸案点など見えてくる部分はありましたか?

 やはりスピードの遅さはネックだと思いますね。新しいコンピュータを導入しようにも、スペックの見積書などを提出した上であちこちに承認をもらい、納品された部署まで取りに行かないといけません。手順がひとつでも間違うと最初からやり直しですし。フューチャースタンダードでは、ECサイトでボタンをポチッと押すだけでしたから。ただ、大企業はやはり従業員の多さからリカバリーに優れていますし、必要なところにドカッと投資できるのは強みですよね。後ろ盾があるという安心感の中でも仕事できます。

─ただ、その安心感に甘んじてしまってはいけないということですね。

 そうなんです。それで僕は積極性を欠いてしまい、自分自身に漠然とした不満を抱くことになりました。「いい機会だからやろう」「せっかくなら引き受けてみよう」と考えなくても働けてしまいますから。戻った後も、ぬるま湯だと感じることなく、「やるぞ!」と自分を鼓舞していこうと思っています。

提案を届けられれば「勝ち」

─ただ、2020年3月にオリンパスに戻られてから1カ月も経たないうちにコロナ禍による外出自粛要請がありました。

 ええ。新しい取り組みに着手する前に在宅勤務になってしまいました。でも、「コロナだからしょうがないよね」では前と変わりませんから、関連のレポートを読み込んだり顕微鏡のワーキンググループに参加したりと、現状でもできることを進めています。

─すでに行動に移されているんですね。

 最終的にはお客様の要求に応えるだけでなく、さらに次に待ち構えるであろう研究課題にもアプローチできる提案をしていきたいと考えています。顕微鏡のシステム構築に従事する私と、その顕微鏡を実際に利用するお客様の間にはさまざまなレイヤーが存在しているのですが、ひとつでも提案を届けられれば、私の勝ちかなっていうモチベーションで。こうした行動がプラスのサイクルになればビジネスとしてのメリットも高まりますし、新薬の開発やがんの仕組みの究明といった医療にも貢献できますから。

─すばらしいです。

 特に今は、新型コロナウイルスのために世界がひどい有り様になってしまった状況です。自分の力が少しでも医療の進歩に役立てられるよう、これからも「やります!」と手を挙げていければと考えています。

画像3


澤田さんが感じていたという、細々とした不満。ひとつひとつは大したことがなくても、おろそかにはできません。"神は細部に宿る"というように、個々のディテールに気を行き届かせることで全体の完成度は高まるもの。澤田さんは顕微鏡で覗き込むようにディテールに光を当て、自ら行動を起こすことで問題を少しずつ修正できたようです。コミュニケーションの苦手意識もなくなったそうで、今回の取材も終始にぎやかな雰囲気だったのが印象的でした。


Fin

▼ 関連記事
「手を挙げてみる。たったそれだけで世界は変わる」 オリンパス 澤田亮太さん -前編-


【フューチャースタンダードよりお知らせ】

サーマルカメラの検温結果をその場でプリントアウト
「AI検温パスポート」を提供開始!


▼ AI検温パスポートの詳細はこちら ▼


【レンタル移籍とは?】

大手企業の社員が、一定期間ベンチャー企業で事業開発などの取り組みを行う、株式会社ローンディールが提供するプログラム。ベンチャー企業の現場で新しい価値を創りだす実践的な経験を通じて、イノベーションを起こせる人材・組織に変革を起こせる次世代リーダーを育成することを目的に行われている。2015年のサービス開始以降、計38社100名のレンタル移籍が行なわれている(※2020年8月実績)。→詳しくはこちら


協力:オリンパス株式会社 / 株式会社フューチャースタンダード
撮影:畑中ヨシカズ 
Interview&Writing:横山博之
提供:株式会社ローンディール
https://loandeal.jp/
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
「&ローンディール」は、企業間レンタル移籍プラットフォームを提供する株式会社ローンディールの公式WEBマガジンです。大企業で働く社員が「レンタル移籍」を通じてベンチャー企業で学び、奮闘し、そして挑戦した日々の出来事をストーリーでお届けします。http://loandeal.jp

こちらでもピックアップされています

大企業からベンチャーへ ーみんなの挑戦ストーリーー
大企業からベンチャーへ ーみんなの挑戦ストーリーー
  • 100本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。