見出し画像

はみだしの現場で起こっていること。(ただの日記です)

&ローンディール

コミュニティって人間関係のせんぶが詰まってますよね(笑)。こんにちは、「4th place lab」を運営している小林です。「4th place lab」は、はみだして、ためそう。をコンセプトに活動しているコミュニティなのですが、「普段どんな感じで活動しているの?」と聞かれることもあるので、最近のできごとを書いてみました。良かったら日記だと思って読んでください。

全然知らなかった、ごめんなさい。

「4th place lab」は、組織で働く方が、会社をはみだして個人としてやりたいことにチャレンジするコミュニティとして、昨年秋にスタートしました。3ヶ月間のプログラムを通じて各々のやりたいことをカタチにしていく場なのですが、先日、第5期のメンバー10名と、あるアイスブレイクをやった時のこと。

「ずっと気になっていたけど、聞けなかったことを聞いてみよう」と題し、メンバーに対してお互いに気になることを付箋に書いて答えてもらうというワークショップをしました。第5期メンバーとの3ヶ月も折り返し。改めて互いを知るきっかけになればと思って企画したものです。

やってみたところ、たとえば「その熱量はどこからわいてくるの?」とか、「いつもslackにあげている斬新なアイデアはどこで思いつくの?」とか、「今更だけど、そのZoomの背景は何?」とか色々出てきたんですが、その中で、「Jさん(仮名)に個別に声をかけてもらえたのが嬉しかった。もしかしてみんなのMiroを徘徊してる?」という質問がありました。

4th place lab では、一人ひとり自分専用のMiroがあって、そこに自分のWILLやアイデアをどんどんアウトプットしていくんですが、グループワークをするときは他のメンバーのMiroに書き込みをすることはあっても、それ以外は特に見る機会はないんですね。

でもJさんは、グループワーク外でも一人ひとりのMiroをチェックし、個別にも連絡し、コミュニケーションを取っていたことがわかりました。「コミュニケーションが少ないなって人には特にそうしてました…」とボソッと話してくれたJさん。「そんなJさん素敵!」とうるうるしていた私でしたが、みんな「そうだと思ってた」という感じで、全然驚く様子もなく。「えーー、私だけ知らなかった」と衝撃を受けたのでした。そうしてよくよくみなさんの質問を見てみれば、私の知らないトピックも多く。そして、十分互いを知らないと出てこないような質問も目立つわけです。

ハッとしました。みなさん普段からめちゃめちゃ互いを知ろうとしているから、別に今回のアイスブレイク必要なかったじゃんって(笑)。表面的なことしか見ていなくて「本当ごめんなさい」と深く反省したのでした。

キャラがどんどん磨かれていく。

そんな感じで皆さん仲が良いわけですが、この仲の良さはなんで起るのかな? と考えた時に、やっぱり「好き勝手言える場所」だからだと思いました。4th place lab  ではみんなに合わせるっていう概念がないので、自分の偏愛や考えを好き勝手に言ってるんですよね。で、その偏愛ぶりを他の人が拾ってあげる。だからどんどんその人らしいキャラが磨かれていくわけです。

こんなことを言ったらメンバーに怒られそうですが、フツーの会社員が、フツーじゃなくなるというか、組織の中で周りに合わせすぎて、透明人間として生きてきた人が色を取り戻して、キャラが出来上がっていく感じです(もちろん最初からキャラが濃い人もいますが)。

それはやっぱり友達を作りにきているわけではなくて、前提として「はみだしたい」という思いがあって、互いの背中を押し合っているからだと思います。間違いなくコミュニティの中で私が一番キャラなしの自覚があります(笑)。

結局、はみだして人生変わってるの?

時々こんなことを言う人がいます。4th place lab の取り組みを話すと、「最近そういう取り組み増えましたよね。やりたいこと実現系のコミュニティ。でもだいたいうまくいかないですよ。何も起きないですから」って。これに関しては声を大にして言いたいんですが、起きてるんです。

3ヶ月で一人ひとりが自分のプロジェクトを起こしているということもそうなんですが、個人の人生が「面白くなっている」ような気がします。思わぬチャンスが巡ってきたり、他方からお誘いを受けたり、キーパーソンとの出会いだったり。つまり、人生がひらけてくるということです。

というのも、毎週の対話を通じて、自分ととことん向き合い、社会とつながり、アクションを起こし続けているから。思ったことを口に出してみる。無理かもしれないけど声をかけてみる。ダメ元でやってみる。本当にこの地道な繰り返しでじわじわと変化が起こる。

すぐさま社会にイノベーションは起こせないけど、自分の人生にはイノベーションが起こる。それが、1年間はみだしに寄り添って、分かったことでした。

私がどうこういうより、実際にはみだした人の話を聞いてもらった方がイメージわくかなと思うので、良かったら、ちょうど(笑)こんなイベントがあるので覗きにきてください。


第6期メンバー募集中(12/5 〆)

取り止めのない話を読んでいただきありがとうございました。
こんな感じでみんな仲良くも本気でアクションを起こしているコミュニティです。

ひとつの組織にいてもみんな同じ色に染まる必要ないよね。一人ひとりがもっと個性を取り戻せたら、社会も会社も豊かになっていく。そんなことを信じて日々運営しています。自分の色を仲間と一緒に磨いていきませんか。
ピンときた方のご応募、お待ちしてます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!