見出し画像

学ぼうとするのか、変わろうとするのか。【ぼくらは仕事で強くなる vol.14】

連載「ぼくらは仕事で強くなる」は、ローンディール 代表 原田による個人ノートです。組織やマネジメントのこと、自分自身のキャリアについてなど、日々感じていることや取り組んだことを綴っています。週1回程度更新しています。

自分自身が大学院に通うようになって、改めて、何か新しい知識や経験と向き合うときのスタンスってとても大事だな、と思っています。具体的に言うと、「学ぶ」というスタンスなのか、「変わる」というスタンスなのか、ということです。

「学ぶ」ことと「変わる」ことってどう違うんでしょうか?そもそも、「学ぶ」ことは大事ってなんとなくわかるけど、「変わる」ことの必要性って、もしかしたらぴんと来ないかもしれませんよね。でも、結論から言うと、「変わる」ことってやっぱり大事なんだと思うんですよね。

変化の激しい時代、不確実性の高い時代(いわゆるVUCAってやつですね)って言われて久しいですけれど、この1年ほど「不確実性とは何か」っていうのを人類が思い知らされた年はないですよね。状況は刻々と変わる、まだ解決の手立てや収束に向けた筋道はたっていない、とはいえ経済を止めるわけにもいかない。まさにこの10年くらい言われてきた、正解のない中で前に進む、ということが人類に求められていますよね。ここまで極端ではないとしても、テクノロジーの進化のスピードが加速していることや、地球環境が抱えている問題の深刻さからも、世界が変化していくことは確実です。その変化に対応し適応していくには、自分自身も変わり続けなくてはいけないんだと思うんです。自分がよりよい人生を送るためにも、子供たちに今よりも良い世界を引き継いでいくためにも。(・・・と、まぁ小難しいことを言ってみましたが、ざっくり言うと、変化していた方がおもしろくないですか?という価値観が前提かもしれませんが。)

それゆえ、「学ぶ」ということにとどめず、学びを通じて「変わる」ということをセットで考えていかなくちゃいけないよな、と思うのです。「学ぶ」ということは、知識のインプットですから、自分自身の変化は伴いません。学んだことの中から、今必要な仕事の範囲で、必要なものだけを活用するということもできるから、学ぶというだけでも意味がないわけじゃないですよね、もちろん。ただその場合、もしかしたら多くの学びはその時点であまり出番がなくて、引き出しにしまわれてしまうことも多い気がします。

画像1

だから、本当に学びを活かそうとするなら、今の仕事の範囲自体を変えていかないといけないんだと思うんです。これが、結果的に見ると「変わる」ということにつながります。自分の役割をちょっと広げてみる、別に会社とか上司とかから言われなくても、勝手に何か自分で学びを活かそうと行動をしてみる。学んだことを活かして何かを考え、誰かと議論をしてみる。知行合一ってやつですかね。そうやって行動をしていけば、どんどん自分の枠自体が広がっていく。

画像2

つまり、何かを学んだり経験をしたりしたときに、そこからのインプットを今まで足りていなかったものの「補完」と捉えるのか、変化の足掛かりと捉えるかによって、その人に与える影響は全く変わるのだろうなぁと思うのです。自分が大学院で学んでいてもそうだし、レンタル移籍をしている皆さんを見ていても、そのスタンスの違いは結果に大きな差をもたらすように感じます。

ついついテストやレポートに追われて忘れてしまいがちですが笑、変化するために、自分を広げるために、学んでいるのだということを忘れないようにしようと思う今日この頃です。


▼ 過去のノートは以下より


【オンラインセミナー 参加者募集中!】
不確実性が高まる時代、
大企業の変革を促進する「レンタル移籍」とは?

「イノベーションを生み出せる人材に必要なスキル・マインドは?」「そして、組織はそのような人材をどう活かすべきか?」ローンディール代表の原田が登壇し、レンタル移籍を導入している企業の実例を交えながら、個人そして組織の両面から、組織変革の鍵を探ってまいります。本イベントを通して、イノベーションを促進させるための人材育成・組織開発について考えるきっかけになれば幸いです。人材開発・新規事業開発に携わる皆さま、ぜひお越しください。

日程:2020年11月13日(金)
時間:14:00~15:30 講演・質疑応答  
対象:大企業の人事・人材開発部門の方、ならびに新規事業開発・イノベーション推進部門の方
会場:オンライン開催。ZOOMにて配信予定
定員:30名
参加費:無料
主催:株式会社ローンディール
詳細:https://loandeal.jp/events/20201113seminar

【レンタル移籍とは?】

大手企業の社員が、一定期間ベンチャー企業で事業開発などの取り組みを行う、株式会社ローンディールが提供するプログラム。ベンチャー企業の現場で新しい価値を創りだす実践的な経験を通じて、イノベーションを起こせる人材・組織に変革を起こせる次世代リーダーを育成することを目的に行われている。2015年のサービス開始以降、計41社115名のレンタル移籍が行なわれている(※2020年8月実績)。→詳しくはこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
大企業で働く社員が「レンタル移籍」を通じてベンチャー企業で学び、奮闘し、そして挑戦した日々の出来事をストーリーでお届けします。http://loandeal.jp

こちらでもピックアップされています

ぼくらは仕事で強くなる -ローンディール代表 原田のノート-
ぼくらは仕事で強くなる -ローンディール代表 原田のノート-
  • 19本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。