マガジンのカバー画像

はみだしの実験室「4th place lab」

17
はみだして、ためそう。をコンセプトにした、はみだしの実験室「4th place lab」に関する記事を公開します。
運営しているクリエイター

記事一覧

仲がいいだけの集まりではないことを、みなさんの目で確かめてもらえたら。

「たった3ヶ月で人ってこんなに仲良くなれるんだ」 これが、4th place lab 第5期を終えてい…

はみだしの現場で起こっていること。(ただの日記です)

コミュニティって人間関係のせんぶが詰まってますよね(笑)。こんにちは、「4th place lab」…

16

会社員としての人生をもっと面白くできるかもしれない”はみだしのすすめ” 【メンバ…

人生がひらけてくる。 組織で働く方の“はみだし”を応援して1年。改めて思うのは、これまで…

12

8人の会社員が”はみだして”見つけた、人生において大切なこと。

vol.1 あとを継がなかった人の数だけ選択肢がある 「あとつがず」 森田裕士 東京で地域創生の…

41

あることをさらけだすと、周りから声がかかるようになる。【はみだしのすすめ】

「こんなイベントがあるよ」「今度◯◯さん紹介するね」「一緒に◯◯に行かない?」「良かった…

行動できない自分を責めないで。原因は「XXの大きさ」かもしれない。【はみだしのすす…

「そういえば、“今年こそ◯◯をやりたい”って1年前も言っていたな…」 やってみたいことは…

【仲山進也さんのはみだしのすすめ】“自分のプレー”を社外でもできるようになろう

ー 仲山さん、改めて「エア社員」って何ですか。それって私たちもなれるんですか? 小林:仲山さんのプロフィールを拝見すると、気になるキーワードがありすぎるんですが(笑)、ヤッホーブルーイングの“エア社員”ってなんでしょうか。会場の皆さんからも「気になる」とコメントが! 仲山:いわゆる業務委託での仕事になるんですが名刺もあって、中の人なのか外の人なのかよくわからない、いても気にならないけどいなくなるとちょっと困る、空気のような存在なのが、エア社員です。 小林:わかったようなわ

会社員の“はみだし”に寄り添った結果、何が起こったのか。【第5期メンバー募集】

もしもみなさんが、今の働き方を変えたいと思ったら、どのような方法を思い浮かべますか? 私…

24

会社の枠を超えよう! “はみだしプロジェクト”のすすめ〜はみだして掴んだもの〜

【社会を変えるプロジェクト】① 森に人が関わるほど、森も人も豊かになる!? 「さぁ森に行こ…

16

誰もがコミュニティを持つ時代「会社員が自分のコミュニティをつくるには?」

ー「3人いればコミュニティ」まずは小さく始めてみる 小林:高橋さんは、本業では社内の新規…

18

【第4期メンバー募集中!】副業でも転職でもない、「自分のプロジェクトをつくる」と…

ーはみだし方もプロジェクトも十人十色。 2022年4月19日。この日は「はみだしピッチ」と題して…

18

「自分らしいパラレルワークのはじめ方」大越瑛美さん × 村上静香さんのはみだしのす…

#01 イベントや交流会がきっかけの場になる 大越瑛美さんは、普段は株式会社リコーで働きなが…

小国士朗さんのはみだしのすすめ 「やりたいという衝動が大事」【4th place lab 第3…

「はみだすことで、自分の軸がみつかる」。 元NHKの番組ディレクターであり、当時から、個人…

本業とぜんぜん違うことをやってみたら、人生にイノベーションが起こるかもしれない。【週1回の「越境プログラム」ご案内】

ー会社を飛び出さなくても、仕事は面白くできる 「このまま今の仕事を続けていいのだろうか」 別に仕事が嫌いなわけではない。でももっと情熱を持って働くことができるんじゃないか。そう思いながらも具体的な行動が見つからず、動けないでいる人も多いのではないでしょうか。 そんな時におすすめなのが、会社をとびだすのではなく、”はみだす”ことです。会社という枠を超えてみることで、自分の軸が見つかったり、世界が広がってできることが増え、会社を変えなくても、今の仕事を面白くすることができる。