マガジンのカバー画像

大企業からベンチャーへ ーみんなの挑戦ストーリーー

149
運営しているクリエイター

2018年10月の記事一覧

【第3章 思い出した、自分の好きなこと】製薬から音楽の世界へ 〜異業界で見つけた、…

<過去記事> 第1章 「大鵬薬品から音楽の世界へ」 第2章「あれもダメこれもダメ。「企画」…

【第2章 あれもダメこれもダメ。「企画」って難しい!】製薬から音楽の世界へ 〜異業…

<過去記事> 第1章 「大鵬薬品から音楽の世界へ」 —10代の感性に触れて株式会社nana mus…

【第1章 大鵬薬品から音楽の世界へ】製薬から音楽の世界へ 〜異業界で見つけた、自…

朝の通勤電車。 女子高生らしき2人組がスマートフォンを見ながら楽しそうに会話をしている。…

【最終章 関西電力ではじまる、新たな挑戦】30歳の新人 〜入社9年目で見つけた、 …

<過去記事> 第1章 「2万人の期待を背負って、関西電力からベンチャーへ」 第2章「ベンチ…

【第3章 「マインド」が変わる時】30歳の新人 〜入社9年目で見つけた、 本当のチャ…

<過去記事> 第1章 「2万人の期待を背負って、関西電力からベンチャーへ」 第2章「ベンチ…

【第2章 ベンチャーで働くということ】30歳の新人 〜入社9年目で見つけた、 本当の…

<過去記事> 第1章 「2万人の期待を背負って、関西電力からベンチャーへ」 ースピードに…

【第1章 2万人の期待を背負って、関西電力からベンチャーへ】30歳の新人 〜入社9年目で見つけた、 本当のチャレンジスピリットとは?〜

ー9年目を目前にやってきたチャンス「田村、行ってみないか」 大阪府大阪市北区中之島にある地上42階の超高層ビル。ここは、今年で設立67年を迎える関西電力株式会社の本社。 2017年10月某日。 34Fのとある一室で、30歳になったばかりの田村博和(たむらひろかず)は、興奮を隠しきれないでいた。待ちに待ったチャンスがやってきたのだ。 「田村、行ってみる気はないか?」 「……はっ、はい!!!!」 元気よく答える田村の回答に、部長の神田も満足そうである。 田村は、部屋を出

スキ
11

【第1章 プロフェッショナルを目指して、 NTT西日本からベンチャーへ】「流れ星」を…

—世の中を支えたい!「流れ星を最後に見たのは、確か小学生の頃だったなぁ」 梶原浩紀(かじ…