マガジンのカバー画像

大企業からベンチャーへ ーみんなの挑戦ストーリーー

150
運営しているクリエイター

記事一覧

もがき続けてたどり着いた「なんでもやれるかも」という境地 -大和ライフネクスト 星…

大和ライフネクスト株式会社の星雄太(ほし・ゆうた)さんが、ベンチャー企業で働く「レンタル…

「ベンチャーで得た、チャンスだと信じてチャレンジする力」株式会社オージス総研 安…

ーみんなが幸せに生きることに貢献したい安藤さんは、オージス総研で働いて12年になります。IT…

「新規事業・マネジメント・組織改革をリードするレンタル移籍経験者たちの”今”」

「社外での経験は、大企業に戻ってからも活かせるのだろうか?」 越境学習に関心のある方は、…

【大切なのは「目の前の人に関心を向けること」】 旭化成株式会社 鈴木翔さん

 大学時代に化学を専攻していた鈴木翔(すずき・しょう)さんは、2008年に旭化成株式会社に入…

「ベンチャーで掴んだ社会課題解決の手がかり」NTT西日本 本山裕樹さん

地元で感じた地域の課題をきっかけに、西日本電信電話株式会社(以下、NTT西日本)に入社した…

【大企業のエンジニアが、ベンチャーで事業開発をしてわかった。
「仕事は一人でやる…

東芝テック株式会社から、コネクティッド・バッテリーを基軸にDXソリューションを提供するノバ…

「ベンチャーから大企業に戻った若手エンジニアが歩む、独自のハイブリッドキャリア」TOKAIコミュニケーションズ 長島大貴さん×フューチャースタンダード 林幹久さん

 2018年10月から1年間、株式会社フューチャースタンダード(以下、FS)にレンタル移籍した、長島大貴(ながしま・たいき)さん。しかしその後、所属する株式会社TOKAIコミュニケーションズ(以下、TOKAI)に戻ることなく、FSと新たに派遣契約を締結し、そのまま7ヶ月間、ベンチャーに残り続けました。  その時の思いは、前回のインタビュー(2019年12月)でも伺いましたが、2020年5月に復帰し、1年以上が経った2021年8月。TOKAIとFSの共同開発で生まれた「LED監

スキ
19

「ベンチャーを経験した2人が目指す、三越伊勢丹のイノベーションと変革」井上匠さん…

2019年10月から半年間のレンタル移籍を行った、三越伊勢丹の井上匠(いのうえ・たくみ)さんと…

「ベンチャーから戻って3年。なぜ、新会社を立ち上げることができたのか?」NTT西日…

NTT西日本ではたらく新田一樹さんは、2017年、ヘルスケア・ベンチャーであるトリプル・ダブリ…

「600人を超える社内コミュニティ創造と事業の収益性改善はこうして行われた」 パナソ…

2019年10月から1年間、大阪・浪速区のベンチャー企業「YOLO JAPAN」にてレンタル移籍を経験し…

「実現させたい」という強い想いが自分を動かす-株式会社村田製作所 澤井康二さん-

新卒で株式会社村田製作所に入社し、今年15年目を迎えた澤井康二(さわい・こうじ)さん。エン…

「目指すのは、共感から生まれるチームづくり」経済産業省 足立茉衣さん

 新興国への経済協力の業務などを担い、経済産業省(以下、経産省)で活躍してきた足立茉衣(…

「初めてのマーケティングで知った“ユーザー目線”の重要性」京セラ株式会社 古見健…

 今回の主人公である古見健太(ふるみ・けんた)さんが勤めているのは、電子部品や通信機器、…

「もがくことでしか得られない成長がある」 京セラ株式会社 木村明日樹さん

 電子部品や通信機器、太陽電池などを製造する電気機器メーカー・京セラから、「風景の流通」を目指す株式会社ランドスキップにレンタル移籍した木村明日樹(きむら・あすき)さん。ちょうどランドスキップ社が事業拡大フェーズにあり、最初から即戦力を求められるプレッシャーの大きい状況でした。  その中では、厳しいこと もあったそう。しかし木村さんは「厳しい環境だからこそ、成長できることもある」と話します。ベンチャーという環境に身を置いて、木村さんが手に入れたものとは? 1年間を振

スキ
8