マガジンのカバー画像

大企業からベンチャーへ ーみんなの挑戦ストーリーー

176
運営しているクリエイター

記事一覧

「働く環境を変えることで見えてきた自分の強み」厚生労働省 益田桂輔さん

 自分の働き方を見つめるためのチャレンジ ——厚労省ではどのようなお仕事をされていたので…

正解は追い求めても手に入らない。ベンチャーでわかった、正解のつくり方 -NTTドコモ …

得たかったのは“ゼロから生み出す力” ――NTTドコモに入社されたのは、どのような思いからだ…

ナスコンバレーに携わってわかった「新しいものを生み出すのに必要なこと」株式会社村…

「面白そう」の好奇心が移籍の原動力に ——村田製作所ではどのようなお仕事をされていたので…

「役割を果たすだけではなく、得意分野を生かす働き方」農林水産省・鈴木康介さん

「個の力だけではどうにもならないこと」を行政なら叶えられる ―まずは農水省に入省した理由…

「ベンチャーの魅力を知ってしまった大企業人材は今、何を思うのか?」

「自分がやるしかない」環境が、人を変える 【大川:モデレーター】まず3名のみなさんは、規…

「100%安全が当たり前」の環境から、不確実だらけのベンチャーに飛び込んで気づいたこ…

自分は他業種でも活躍できるのか? ――JR東日本では国際事業本部に在籍されていますが、もと…

「大事なのは、顧客とともにサービスをつくること」東芝テック株式会社·永田拓人さん

自分ならではの武器や強みを得て、会社に貢献したい  ー まず、東芝テックを就職先に選んだ理由から教えていただけますか。   大学では電気工学科に所属し、学生時代からハードウェア、つまり機械そのものの作り方を学びました。卒業後もその学びを生かして、メーカーの企業に行きたいと思っていましたね。東芝テックは、POSレジの技術が業界のシェアのナンバーワンだったことから興味を持ち入社しました。   入社してから約13年ほど、スキャナーやプリンターなどPOSレジにつなげるデバイスの設計や

「まずは自分ができないことを認め、自覚することから始まる」ベンチャーに行ってわか…

自分は会社にとって 価値のある存在になれているのだろうか ――村田製作所では、調達業務を担…

「自分の想いを乗せるからこそ、伝わる言葉がある」農林水産省 塩見泰央さん

新しい技術を知りたい ー塩見さんがレンタル移籍に興味を持ったきっかけを教えてください。 …

ベンチャーに行った大企業の2人がタッグを組んで推進する「ONE JAPAN事業共創プロジ…

ベンチャー経験を通して醸成された経験が、 「大企業とベンチャーを繋げたい」という想いへ …

「あえて難しいことにチャレンジ!? それも面白いかもしれない」東芝テック株式会社 明…

不安よりも、「現状に留まりたくない」という思い ――東芝テックに入社されてからは、どのよ…

「霞ヶ関から出て、非営利組織の現場で働いて得たもの」厚生労働省 三宅 華子さん

背中を押した「厚労省の外の世界を知りたい」という思い ── はじめに、三宅さんが公務員を選…

「お弁当にイノベーションを!大企業人材がベンチャーで起こした新しい風」あいおいニ…

もっと広い視野を持ちたい  田郷さんは、2016年の4月にあいおいニッセイ同和損保株式会社に入…

「大企業の営業から、宇宙ベンチャーの事業開発へ。未知の領域で得たものとは」富士通株式会社 松山真さん

自分を変えるために“未知の領域”へ ――入社からずっと営業を担当されてきたのですね。   そうですね。クライアント企業を1~2社担当し、そのお客様と深くやり取りしていくスタイルで、私は主に食品メーカーを担当してきました。   ――そうした中で、なぜレンタル移籍をしようと考えたのでしょう?   1つは、富士通が掲げる経営方針「IT企業からDX企業への転換」がきっかけです。いざDXの商談を進めるとなっても、社としても未経験の分野なので、お客様に何を提案したらいいかわからないという