マガジンのカバー画像

ローンディールのセミナー・イベント

25
運営しているクリエイター

記事一覧

「新規事業・マネジメント・組織改革をリードするレンタル移籍経験者たちの”今”」

「社外での経験は、大企業に戻ってからも活かせるのだろうか?」 越境学習に関心のある方は、…

【ダイジェスト版】 人事のプロフェッショナル海老原さんと考える 『2031年、企業人事…

社会の変化がますます加速していく中、10年後の2031年、企業の人事が取るべき戦略や果たすべき…

【イベントレポート】地域を変革に導いた大企業社員は、どう飛び込み、どんな経験をし…

  「教育の島」と称され、全国から留学者・移住者が後を絶たない島根県の北に浮かぶ隠岐諸島…

初代リクルートキャリア社長 水谷さんと考える「人材育成で、あえて地域の現場に行く…

⇨ 【イベント開催!】 9月9日 「大企業社員が、地域に飛び込んで見えること」 ローンディー…

「自分のスキルがこんなところで役に立った」ベンチャーを経験した大企業人材のリアル…

「外の世界で自分は活躍できるのだろうか?」 「このまま今の会社で働きつづけて良いのだろう…

【REPORT】新しい価値を創出するために、 今、R&D人材に必要なものとは?

 顧客ニーズの細分化や製品サイクルの短期化、さらには多様なプレイヤーの参入による競争の激…

「越境人材は大企業に火を灯せるのか?」 早稲田大学大学院 入山先生 × 越境人材【オンラインセミナーレポート】

 「組織の中で挑戦の火を燃やし続け、変革を起こせる人材になるには? そのためのマネジメントとは?」イノベーションを生み出すために、新規事業の創出や、既存事業を大きく変革できる人材が求められている。そこで、イノベーションには「両利きの経営」が必要と提唱する早稲田大学大学院の入山章栄氏を迎え、“越境人材”を育てるクロスフィールズとローンディールで共催オンラインセミナーを開催。  留職プログラム(クロスフィールズ提供)と、レンタル移籍(ローンディール提供)を経験した”越境人材”も交

スキ
17

イノベーション創出をリードする3名と「大企業のイノベーションに必要な人材とは?」…

社会の不確実性が高まり、組織変革が求められる中、多くの企業がイノベーション人材の育成に力…

「筋のよいアイデアはどのように生まれるのか?」フロントランナー3名の思考プロセス…

面白い企画を求められるものの、出てくるのはどこかで見たような案ばかり。精度高く顧客にささ…

「トヨタ自動車のマネージャーと考える『中間管理職に意志は必要か?』」-オンライン…

大企業の人材育成手法のひとつとして、一定期間ベンチャー企業の事業に参画させる「レンタル移…

本当に人が育つ 1 on 1 とは? 大事なのは“経験のアサイン”『ヤフーの1on1』 著者 …

 環境変化が激しく不確実性が高まる社会において、一人ひとりの社員と向き合う「1on1」の重要…

やりたいことが無くても当事者意識は持てるのか ーレンタル移籍者オンラインセミナー…

新規事業創出のためにイノベーション人材が必要である。そのような思いから、人材育成・組織開…

「スタートアップの事業成長を加速させるレンタル移籍とは?」 Rapyuta Robotics株式…

スタートアップ企業が事業成長に取り組む中で、人材採用やマネジメントの難しさは常に大きな課…

小国士朗さんと語る “大企業人材”はベンチャーで覚醒するのか? -オンラインイベントレポート-

経済産業省、パナソニック、トヨタなど、官公庁・大企業が、イノベーションの創出及び人材の成長機会として導入する「レンタル移籍」。そして、レンタル移籍者を受け入る側のベンチャーも増え続け、移籍可能な企業は300社を超えています。 そこで今回のオンラインセミナーでは、現在1名の移籍者を受け入れ、今後も新たな受け入れを検討されているという、株式会社小国士朗事務所代表・小国士朗さんをお招きしました。 現在受け入れ中の移籍者は、「すでにチームになくてはならない存在」と話す小国さん。若手人

スキ
6