マガジンのカバー画像

ローンディールのセミナー・イベント

31
運営しているクリエイター

記事一覧

「夢中に仕事をするために会社ができること、個人ができること」

優秀な人材こそ、外に送り出す 入山:越境すると外に出っぱなしになる、あるいはそれがきっか…

新規事業家 守屋実さんと考える「大企業で通用するビジネスアイデアを手に入れるには…

ビジネスセンスの肝は、 “想定し得る失敗”をどれだけ経験したか 細野:守屋さんは新規事業家…

「大企業人材を外に送り出した役員のホンネ」

チャレンジできる環境だった 【細野:モデレーター】これまでのキャリアを振り返っていただい…

「ベンチャーの魅力を知ってしまった大企業人材は今、何を思うのか?」

「自分がやるしかない」環境が、人を変える 【大川:モデレーター】まず3名のみなさんは、規…

ロート製薬CHRO髙倉さんと考える「10年後に向けて、今、人事は何をすべきか」

動いていく戦略に対して、「担い手」の備えが大事  原田:髙倉さんは、「人材版伊藤レポート2…

「大企業の外に出て、見えたものは?」ベンチャーで修羅場を経験した大企業人材のリア…

ーそもそも、ベンチャーに行くきっかけは何だったのか?  川井:まずは、レンタル移籍に行く…

「新規事業・マネジメント・組織改革をリードするレンタル移籍経験者たちの”今”」

「社外での経験は、大企業に戻ってからも活かせるのだろうか?」 越境学習に関心のある方は、こんな疑問を抱かれたことがあるのではないでしょうか。 ローンディールは、大企業に所属しながら一定期間ベンチャー企業で働く「レンタル移籍」を提供しています。これまで171人(※ 2021年11月1日現在)がレンタル移籍を行っていますが、ベンチャー企業での経験や、大企業に戻ってからの業務もそれぞれ全く異なります。そこで、レンタル移籍を終えて1年以上経った移籍経験者3名をゲストに迎え、オンライ

【ダイジェスト版】 人事のプロフェッショナル海老原さんと考える 『2031年、企業人事…

社会の変化がますます加速していく中、10年後の2031年、企業の人事が取るべき戦略や果たすべき…

【イベントレポート】地域を変革に導いた大企業社員は、どう飛び込み、どんな経験をし…

  「教育の島」と称され、全国から留学者・移住者が後を絶たない島根県の北に浮かぶ隠岐諸島…

初代リクルートキャリア社長 水谷さんと考える「人材育成で、あえて地域の現場に行く…

⇨ 【イベント開催!】 9月9日 「大企業社員が、地域に飛び込んで見えること」 ローンディー…

「自分のスキルがこんなところで役に立った」ベンチャーを経験した大企業人材のリアル…

「外の世界で自分は活躍できるのだろうか?」 「このまま今の会社で働きつづけて良いのだろう…

【REPORT】新しい価値を創出するために、 今、R&D人材に必要なものとは?

 顧客ニーズの細分化や製品サイクルの短期化、さらには多様なプレイヤーの参入による競争の激…

「越境人材は大企業に火を灯せるのか?」 早稲田大学大学院 入山先生 × 越境人材【…

 「組織の中で挑戦の火を燃やし続け、変革を起こせる人材になるには? そのためのマネジメン…

イノベーション創出をリードする3名と「大企業のイノベーションに必要な人材とは?」公開会議

社会の不確実性が高まり、組織変革が求められる中、多くの企業がイノベーション人材の育成に力を入れています。大企業で創造や変革に取り組む人材をベンチャー企業で育成する「レンタル移籍」プログラムを提供してきたローンディールも、これまで38社のプログラム導入事務局の方々と試行錯誤しながら人材育成に取り組んできました(2020年8月現在)。しかし、「イノベーション人材」という表現は時に曖昧で抽象的な議論になってしまうことがあります。 そこで、大企業においてイノベーション創出をリードす