&ローンディール

大企業で働く社員が「レンタル移籍」を通じてベンチャー企業で学び、奮闘し、そして挑戦した日々の出来事をストーリーでお届けします。http://loandeal.jp

大企業からベンチャーへ ーみんなの挑戦ストーリーー

  • 146本

「ベンチャーで掴んだ社会課題解決の手がかり」NTT西日本 本山裕樹さん

地元で感じた地域の課題をきっかけに、西日本電信電話株式会社(以下、NTT西日本)に入社した本山裕樹(もとやま・ゆうき)さん。入社後営業職を経て事業開発の部門に異動し、かねてから望んでいた新規事業の仕事を担当していました。 希望が叶っていたはずが、不思議と心には“モヤモヤ”がありました。 「自分は、社会に対して本当に価値のあるものを出せているのだろうか?」そんな問いに頭を悩ませていたのです。そんな中で、本山さんは、一定期間ベンチャー企業の一員として働く「レンタル移籍」を通じて

スキ
18

【大企業のエンジニアが、ベンチャーで事業開発をしてわかった。
「仕事は一人でやるものじゃない」】
東芝テック株式会社 廣瀬崇史さん

東芝テック株式会社から、コネクティッド・バッテリーを基軸にDXソリューションを提供するノバルス株式会社へ約半年間の「レンタル移籍」を経験した廣瀬崇史(ひろせ・たかし)さん。 新卒で入社以来12年間、ハードウェアエンジニアとしてキャリアを積み上げてきた廣瀬さんが、ベンチャー企業での新規事業開発に参加した最初のきっかけは、外の環境に身を置いてみたいという好奇心からだったそうです。そんな廣瀬さんは、ベンチャーから戻った今、「チャレンジを迷っている人がいたら、踏み出した方がいい」と語

スキ
29

「ベンチャーから大企業に戻った若手エンジニアが歩む、独自のハイブリッドキャリア」TOKAIコミュニケーションズ 長島大貴さん×フューチャースタンダード 林幹久さん

 2018年10月から1年間、株式会社フューチャースタンダード(以下、FS)にレンタル移籍した、長島大貴(ながしま・たいき)さん。しかしその後、所属する株式会社TOKAIコミュニケーションズ(以下、TOKAI)に戻ることなく、FSと新たに派遣契約を締結し、そのまま7ヶ月間、ベンチャーに残り続けました。  その時の思いは、前回のインタビュー(2019年12月)でも伺いましたが、2020年5月に復帰し、1年以上が経った2021年8月。TOKAIとFSの共同開発で生まれた「LED監

スキ
19

「ベンチャーを経験した2人が目指す、三越伊勢丹のイノベーションと変革」井上匠さん × 鳥谷悠見さん

2019年10月から半年間のレンタル移籍を行った、三越伊勢丹の井上匠(いのうえ・たくみ)さんと鳥谷悠見(とりたに・ゆうみ)さん。井上さんは農業と食に関する事業開発などを行うアグリホールディングスへ、鳥谷さんはAIとブロックチェーンを使ってアイドルを作るサービスを提供するジーンアイドルへの移籍を経験しました。 同時期の移籍ということもあり、期間中から連絡を取り合い、現在もそれぞれの知見を共有しているという二人。戻って1年半が経った今、ベンチャーで手に入れたマインドやスキルを活用

スキ
12

はみだしの実験室「4th place lab」

はみだして、ためそう。をコンセプトにした、はみだしの実験室「4th place lab」に関する記事を公開します。

  • 2本

狭い世界でクスリと笑えるくらいの”はみだし”がちょうどいい【#はみだしのすすめ】

組織で働く人の”はみだし”を研究している、「4th place lab」の小林こず恵です。「4th place lab」では、「組織からとびだすのではなく、はみだそう」をテーマに、「はみだしの実験」を行っています。 その一環で月に1回、はみだしながらやりたいことをカタチにされてきた方々に登壇していただき、はみだしのヒントを伺うオープンイベントを開催。今回は10月にご登壇いただいた森新さん(@mori_arata)による、「はみだしのすすめ」をご紹介します。 【はみだしのす

スキ
11

【メンバー募集中!】とびださなくてもいい、上手に“はみだそう” ~会社を辞めずにやりたいことをカタチにするには?~

「本当にやりたいことは、なんだろう」  「どうしたら、やりたいことを実現できるんだろう」  それがわからず、日々、悶々としながら働いている方も多いのではないでしょうか。  そこでおすすめしたいのが、“会社をはみだしてみる”ということです。半歩だけでも今いる場所をはみだしてみることで、見える世界が変わり、できることが増え、少しずつ、やりたいことがカタチになっていくのです。 「そんな皆さんのはみだしを応援したい」という思いから、ローンディールでは、はみだし応援プロジェクト「4t

スキ
34

ローンディールのセミナー・イベント

  • 24本

【ダイジェスト版】 人事のプロフェッショナル海老原さんと考える 『2031年、企業人事はいかに戦うべきか』

社会の変化がますます加速していく中、10年後の2031年、企業の人事が取るべき戦略や果たすべき役割はどう変わっていくのでしょうか。 労働人口の減少、テクノロジーの進化など、労働環境は劇的な変化の過程にあります。さらに、大企業においては、グローバルな環境下での競争、環境問題等の社会課題への対応、多様な人材マネジメントの必要性等、多くの課題が山積しています。ローンディールは「レンタル移籍」を通じて、劇的に変化していく状況の中で、「未来思考で組織・人材の成長を目指す中長期的視点」と

スキ
10

【イベントレポート】地域を変革に導いた大企業社員は、どう飛び込み、どんな経験をしたのか?

  「教育の島」と称され、全国から留学者・移住者が後を絶たない島根県の北に浮かぶ隠岐諸島・海士町(あまちょう)。この地域を変革に導いたのは、大企業出身の岩本悠さんでした。  岩本さんは2007年から島根県海士町に一人で飛び込み、隠岐島前高校を中心とする、人づくりによるまちづくりを実践。プロジェクトを始動して約7年間で廃校寸前だった隠岐島前高校の生徒数は2倍以上に増加。卒業後に島に留まる若者や、若い家族のUターンやIターンも増え、今や全国から注目される地域変革を作り上げてきまし

スキ
9

初代リクルートキャリア社長 水谷さんと考える「人材育成で、あえて地域の現場に行く意義は?」

⇨ 【イベント開催!】 9月9日 「大企業社員が、地域に飛び込んで見えること」 ローンディールではこれまで、大企業からベンチャーに一定期間人材を派遣する「レンタル移籍」を提供してきました。そして2022年度より、一般財団法人地域・教育魅力化プラットフォームと共同で「大人の地域みらい留学」というプログラムを開始します。具体的には、大企業の人材が、地域・高校教育の現場に1年間「留学」し、社会課題や教育の現場で実践的な経験を積んでいただくというものです。 そこで今回、地域・教育

スキ
27

「自分のスキルがこんなところで役に立った」ベンチャーを経験した大企業人材のリアル座談会

「外の世界で自分は活躍できるのだろうか?」 「このまま今の会社で働きつづけて良いのだろうか?」 企業で長く働く方であれば、一度は抱く疑問ではないでしょうか。 ローンディールは、大企業に所属しながら一定期間ベンチャー企業で働く「レンタル移籍」を提供しています。これまで145人(※ 2021年7月1日現在)がレンタル移籍を行っていますが、外に出てみて気づくのは「自分のスキルはベンチャーでも活かせる」「まだまだ自社でやれることはある」、ということだったりします。そこで、レンタル移

スキ
31

はじまりは人事の挑戦から

  • 8本

「ベンチャーに人を送り出したことで、 村田製作所に起こった変化とは?」株式会社村田製作所 筏克弘さん ✖️ 安田圭佑さん

「意欲ある人に、新規事業立ち上げの経験をしてもらいたい」。 株式会社村田製作所ではたらく筏克弘(いかだ・かつひろ)さんと安田圭佑(やすだ・けいすけ)さんが、レンタル移籍(※ 村田製作所では「ベンチャー留学」という名称で展開)を導入した背景には、そのような思いがあったといいます。その思いは実現し、昨年、2人の挑戦者をベンチャーへ送り出しました。あれから半年が経ち、事業開発を経験した2人は”自信を得て”自社に戻ってきた様子。そこで、挑戦者をそばで見守り続けてきた筏さんと安田さんに

スキ
14

人事の挑戦「会社の持続的な成長と発展のために」大和ライフネクスト

 マンション、ビル、ホテルなどの総合不動産管理を行う大和ライフネクスト株式会社。「LEAD NEXTYLE(リード ネクスタイル)」をビジョンに掲げ、まだ世の中にない新しいサービスを生み出していくチャレンジングな企業である。挑戦し続ける同社は、次世代人材の育成にも力を入れている。   その一環で「レンタル移籍」を導入したのが2019年4月。今年も新たに2名がベンチャーへ行き、導入以降、合計3名を移籍させた。人材がベンチャーへ行くことが、なぜ、次世代人材の育成になるのだろうか。

スキ
12

「レンタル移籍」導入担当者に聞く「外に出ないと得られない経験がある」 リコー 上田仁士さん

 精密機器メーカーの株式会社リコーは、2020年1月より「レンタル移籍」を導入。スタートアップ留学という名称で、新規事業担当者から研究者まで、様々な分野で活躍する4名をスタートアップへ送りました。そして半年間の移籍を終えて、今年6月には全員が帰任。そこで「レンタル移籍」導入担当者である、イノベーション本部 オープンイノベーション推進グループ 上田仁士さんに、導入の背景や、導入後の人財の変化などについて、お話を伺いました。 ーーまずは、導入の背景について教えて下さい。  我

スキ
5

「レンタル移籍」3年目。 経産省の人材と組織はどう変わったのか?

 経産省が「レンタル移籍」を導入して今年で3年目になります。 レンタル移籍は、イノベーション人材や次世代リーダーの育成を目的に、一定期間、ベンチャー企業で働く人材育成の仕組みです(提供:株式会社ローンディール)。  同省では、既にローンディール経由で3名が移籍を終え、2020年9月から新たに2名がベンチャーへレンタル移籍しています。経産省はなぜ、人材をベンチャーへ移籍させ続けているのか、そして、人材と組織にどんな影響をもたらしているのか。省内で人材育成に関わり、レンタル移籍の

スキ
15

ぼくらは仕事で強くなる -ローンディール代表 原田のノート-

  • 33本

ぼくらが、はみだす理由。

ローンディールでは、今年に入ってなぜか3つも新規事業を始めました。発想力を鍛える「outsight」というプログラム、地域や高校の現場で社会というものへの感度を高める「大人の地域みらい留学」。そして、2021年10月から開始する4つ目の事業が「4th place lab」というものです。その他、本業の「レンタル移籍」事業周辺のプロジェクトベースのものも入れると、まだあといくつか。 まぁ「新規事業」ですから、まだまだ売上の中心は「レンタル移籍」事業で、「大人の地域みらい留学」

スキ
15

思ったよりはやく、点と点が、繋がりはじめている。【ぼくらは仕事で強くなる vol.28】

こんにちは。 最近、弊社の「&ローンディール」に掲載している記事の内容がちょっと変わってきています。それは、記事の登場人物が増えた、ということです。 基本的にこの「&ローンディール」というメディアでは、レンタル移籍した人がどんな経験をして、何を感じ、どう変化したかということをご紹介しています。(基本的に全員に取材をしていて、プロのライターさんに書いていただいて最近ではプロカメラマンさんに撮影もお願いしています。)そうやって整理することで、記事がレンタル移籍という経験をして

スキ
9

実名・対面での360度フィードバック、という信頼関係のつくり方。【ぼくらは仕事で強くなる vol.27】

こんにちは。 リモートワークが増えて、組織づくり・チームづくりみたいなものが難しくなっているんじゃないかと思うのですが、皆さんの組織では、いかがでしょうか。直接顔を合わせないと、繋がりを確認しづらくなってしまいますよね。特に、直接仕事でかかわらない人とは話をする機会も減ってしまっていますし。 と、いうことで、今日はローンディールという会社が、どうやって信頼関係をつくろうとしているかということについてお話をしてみます。 1on1の内容をみんなで共有しあう 私は社員のみん

スキ
15

あと何回、青春できるかな。【ぼくらは仕事で強くなる vol.26】

なかなか青臭いタイトルで失礼します。笑 先日、私が起業した直後に参加していたスタートアップ支援プログラムのメンバーと久しぶりにオンライン飲み会がありました。SUSANOOというソーシャル・スタートアップ・アクセラレーションプログラム(要は起業家支援)で、私は3期、確か半年くらい。2015年の10月に始まって3月にデモデイで終了。何をやるかっていうと、社会課題に取り組むいろいろな起業家が集まって、お互いにメンタリングをしながら事業を磨くということをして、3月にそれを皆さんの前

スキ
7